剣道が上手くならない。伸びない。子供や初心者の自主練に

剣道が上達しない。上手くならない。伸びない。

剣道伸びない

→ 飛躍的に結果が出るトレーニングとは?その答えがここに

真剣に取り組めば誰でもぶつかる壁ってあります。

でも直面している時は悩んだり、落ち込んだり、考え込んだり…します。

当然ですよね。何か上達のきっかけになるような出来事をお探しかもしれません。

こちらのページでは、剣道の上達のきっかけになるような経験者の口コミ情報を集めてご紹介しています。

壁を超えるきっかけに。経験者の声をご参考ください。


剣道の上達のためのDVDなども今はネットでも色々と販売されていますね。

もちろん欲しい場合、どれがいいのか迷いますよね。

自分に合ったものを選びたいですしね。

少しだけ紹介用に中身が見ることができる商品が多いのでまずは雰囲気を知ることができます。

あとは無料ならYOUTUBEで動画を見るとか。たくさんアップされていますし。

近くに良い指導者や先生がいない場合、上段者の動きを動画で見ることはプラスに働くのではないでしょうか。

例えば、解説など以前にイメージトレーニングできますしね。

長く売れ続けている短期間での上達を想定した優れた内容のものありますし。

 


強くなりたければ通常稽古プラス、自主トレは必須でしょう。

基礎体力トレーニング、素振り。

あと上達のために自宅でできることといえば、イメトレもすごく大事だと感じました。

良質なDVD教材もあればいいですね。

上手い人、強い人の技の出し方、フォーム、動きなど、覚えるほどに何度も参考にしたり。

良いのか悪いのか分かりませんが、自己流にアレンジも取り入れたりもしましたよ。

 


柔軟性も大事だと思います。

体が固くていいことはありません。

ストレッチをして柔軟な体を養うのもプラスかと。

 


小学校から高校まで剣道をやっていました。

踏み込みの練習ですが、頭の上にリンゴがあるイメージでやるといいですね。

上下の動きが小さくなるためです。

あとは剣道日本などの雑誌も読んでいました。

DVDも付いているので動画で練習方法を知ることができますし。

 


ネットで評判のいい剣道DVDもありますよね。

勉強でいうところの参考書のような内容なんでしょうね。

もちろん良し悪しや印象は個人差があるでしょうね。

実際に短期間でレベルアップしたという人もいるでしょうし、あまりためにならなかったという人もいるでしょう。

どんな意識で実践するかによって違ってくるということでしょう。

 


おじさんです。

剣道が好きで続けています。

DVDなどの動画で学ぶのもありでしょうね。

私はスマホでユーチューブなども観ますよ。

通勤時間など空いた時間を利用しています。

もちろん画面も小さいですし、画質も良くなかったりもしますが、参考になる動画もありますし。

いつでもどこでも。無料ですしね。

 


上達のスピードを早めたいなら自主練は欠かせないでしょう。

基礎、基本を徹底的に。

DVD教材などで動画を何度も観るのもいいでしょうね。

お手本となる人の動きやフォームを頭に刷り込んでイメージトレーニングです。

 


何もない時なら、人差し指で動きの練習をやってみたり。

打太刀、仕太刀にして。左右を入れ替えて。

イメージぐらいのトレーニングにはなるかと。

 


稽古の目的を考えて持つこと。

一流の選手は、一つ一つの稽古の目的に意識して、目標を決めています。

これを積み重ねることで結果が全く違ったものになると思います。

 


youtubeも。ただですし。

剣道上達DVDの商品紹介プロモーションも色々アップされているので参考にできますし。

あとは、剣道関連ならテレビなどのドキュメント番組もあったような。

トップレベルの人のインタビューなども気付きがあると思いますよ。

 


剣道は瞬発力と持久力の両方が必要ですね。

反復横跳び、スクワット、腕立て伏せ、腹筋、背筋、腕立て伏せといって筋トレ。

腕力や体幹の地力を鍛えるといいでしょうね。

そしてランニング。

試合は数分といえ、やはりスタミナは必要です。

 


例えば、出小手の決めの方法がいまいち掴みきれていないなら。

DVDなどで先生の映像をみて研究したり。

打突時の踏み込みの鋭さや、打突後の体捌きを。

イメージをつかむにはいいでしょう。

打った後、決めきるというのは大事ですよね。

当てた後に竹刀の軌道を変えたり、立て続けに打ったりすると、審判の旗が上がらない、無効とされることもあるので。

 


短期間で例えば2,3週間で見違えるほど強くなる方法はないでしょう。

初心者なら、基礎体力や筋力トレーニングを自主練で。

腹筋や背筋、腕立て伏せ。

そしてランニングです。

素振りや上半身の力に意識が行きがちですが、剣道は足さばき、踏み込みがものを言う武道です。

下半身の強さがとても大切です。

10分間程度は全力を維持できるぐらいの体力は欲しいですね。

そして日々の稽古です。

例えば、素振りもただ回数をこなすのではなく、一本一本丁寧に。

意識をどう持つかはとても大切なので。

地稽古も立ち回り方を考えながら。

人の試合も学ぶことがたくさんあります。

立ちまわり方、技のフォームなど意識的に見るだけで吸収するものがあります。

上達に対して意識的になるのとならないのとではレベルアップのスピードは全然違ったものになるでしょうし。

また自分はできていると思っていても実際はイメージのように動けていないことは多々あります。

自分の姿を動画にとって自分で見てみるのもいいですね。

レベルの高い先生の動画と比べてみたり。

 


素振りは軌道を意識して。

引き押しの見極め。

相手の足さばきをよく見る。

相手の力を利用する。

 

やっぱりマスト。剣道上達のためのナンバーワン教材。

基本から実践まで。剣道の頂点に立つ人が監修する上達のための極意を詰め込んだDVD。

→ 飛躍的に結果が出るトレーニングとは?その答えがここに

  • 達人に直接メールによる180日間有効な個人相談の権利付き。
  • 全額返金保証※DVD内の稽古メニューを半年以内に 90日以上実践したにも関わらず、効果が現れなかった場合、商品代金を返してもらえます。

※こちら公式サイトからの購入でないと、メールサポート、全額返金保証の権利を受けることができません。ご注意ください。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*